ソニー、自社株買い2000億円
2回目、額倍増 株価低迷に対応

2019/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソニーは16日、2000億円の自社株取得枠を設定すると発表した。株主還元の自社株買いは2月に発表して以来、2回目で、金額は前回の2倍とした。ゲーム事業の好調で2019年3月期までに営業利益は2期連続で最高を記録したが、次の成長分野が見えず、株価は昨年から低迷気味だ。矢継ぎ早の自社株買いには、市場の低評価を覆したいという会社の意志がにじむ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]