2019年6月26日(水)

2019参院選野党、進む「地方政党化」 大阪や沖縄、地域問題に的 「多党分立」で受け皿に

2019/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

夏の参院選で自民党が警戒する選挙区には、地域限定で強い野党勢力がいるケースも目立つ。前哨戦だった4月の衆院補欠選挙では、大阪で強固な地盤をもつ日本維新の会、沖縄では米軍基地問題で共闘する「オール沖縄」の候補がそれぞれ自民党候補を破った。分裂した旧民進党の勢力が県単位で政治団体をつくる動きもあり、野党の「地方政党化」が広がる。

維新は参院選の大阪選挙区(改選定数4)で現職の東徹氏に加え、新人を月内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報