/

この記事は会員限定です

仮想通貨交換、大手傘下で独自性競う

ディーカレット JR東など多様な株主

[有料会員限定]

大手企業グループの仮想通貨ビジネスが本格化する。インターネットイニシアティブ(IIJ)の持ち分法適用会社であるディーカレット(東京・千代田)は4月から取引を開始した。楽天グループの楽天ウォレット(東京・世田谷)も今夏に始める予定だ。仮想通貨業界は2018年に相次いだ巨額の不正流出事故に端を発した再編が一巡し、大手を軸に独自サービスを競う段階に入ってきた。

「まさかこれほどのスピードとは」。ある仮想通貨交換会社の首脳は驚きを隠せな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン