2019年6月19日(水)

iPS細胞 人の細胞から作製成功(2007年) 再生医療、臨床応用へ一歩

2019/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

けがや事故で失った機能を取り戻す再生医療などで注目を集めるiPS細胞。2007年11月21日、京都大学の山中伸弥教授は人の細胞から作ることに成功したと発表した。成果は米科学誌に掲載された。山中教授は12年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

iPS細胞には目や神経など様々な細胞になる性質がある。山中教授らは人の皮膚の細胞に4種類の遺伝子を入れて、受精卵に近い状態に戻す「初期化」をしたiPS細胞を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報