2019年6月27日(木)

東京金先物が反落 前日比10円安 米中対立の緊張感緩和

2019/5/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京商品取引所の金先物は反落した。15日の清算値は前日に比べ10円安い1グラム4556円。米中双方が協議に前向きな姿勢を示したことで市場の緊張感が一旦収まり、安全資産の金は売りが優勢となった。

前日、トランプ米大統領はツイッター上で早期合意への意欲を示した。中国当局も「関税協議を継続することで合意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報