2019年6月16日(日)

東北地銀、実質業務純益 4期ぶり増
前期、貸し出し増加 不良債権処理費は膨らむ

2019/5/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東北6県の地方銀行の2019年3月期決算が15日、出そろった。本業のもうけを示す実質業務純益(単体)は13行・グループ合計で前の期に比べ15%増と4期ぶりの増益に転じた。貸し出しの増加やコスト削減が利益を押し上げた。ただ、企業の業績悪化で貸倒引当金など不良債権処理費用が膨らみ、11行・グループが最終減益となった。20年3月期も9行・グループが減益の見通しだ。

実質業務純益(単体)は10行・グルー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

決算を発表する山形銀行の長谷川頭取(13日、山形市)

マイナス金利に厳しい見方[有料会員限定]

2019/5/16付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報