/

この記事は会員限定です

キムリアの薬価、3300万円で調整

がん薬、保険適用きょう議論

[有料会員限定]

厚生労働省は15日、白血病などのがん治療薬「キムリア」の公定価格(薬価)を決める。米国では47万5千ドル(約5200万円)の超高額薬で、日本の薬価は3349万円とする方向で調整を進めている。同日に開く中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)の総会で了承されれば保険適用になる。

スイス製薬大手ノバルティスが開発したキムリアは、患者の免疫細胞に遺伝子操作を加えてがん細胞への攻撃力を高め、体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン