2019年6月21日(金)

大機小機新冷戦で揺らぐ中銀の独立性

2019/5/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米中新冷戦で中央銀行の独立性が揺らいでいる。トランプ米大統領が米連邦準備理事会(FRB)に利下げ圧力を強めるのは、米中覇権争いを金融緩和でしのぐ戦略を取っているからだ。

トランプ大統領は度重なる利下げ要求に加えて、利下げ派の腹心を理事に起用しようとした。さすがにそれは共和党内の反発で見送られ、米国の議会政治が機能していることを示した。利上げ路線の修正を余儀なくされたパウエルFRB議長も大統領の介…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報