/

この記事は会員限定です

偏差値40から上智大 「哲学対話」が私を変えた

キセキの高校(1)

[有料会員限定]

東京都立大山高校(板橋区)は、複数の受験サイトによれば偏差値40。都立高では最低に近い。ところがここ3年、有名私大や公立大への進学者が相次ぐ。合格者は「哲学対話」という集いを経験した。対話が、生徒たちの何を変えたのか。

社本理江(19)は、上智大(東京都千代田区)の外国語学部英語学科2年。受験レベルは同大で最難関の、通称"外英(がいえい)"で学ぶ。社本が「大山高出身」と言うと、同級生は驚く。

無理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン