/

この記事は会員限定です

ワイン用ブドウ畑を馬耕

サンクゼール、アファンの森財団と契約

[有料会員限定]

森林づくりなどに取り組む一般財団法人C・W・ニコル・アファンの森財団(長野県信濃町)とジャム・ワイン製造のサンクゼール(飯綱町)は、オフィシャルスポンサー契約を締結した。馬を活用して畑を耕す「馬耕」に信濃町で取り組むほか、サンクゼールが全国に持つ小売店でアファンの森をPRする。関連商品なども発売していく予定だ。

サンクゼールが同財団のスポンサーとなる。同財団の馬を活用し、サンクゼールの20アー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン