次はクイーン 末松広行

2019/5/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

一年半に一度、仲間と5人でライブの舞台にのぼる。大学の後輩で、川崎汽船社長の明珍幸一君がベース、私はドラムとキーボード。欧州の宇宙探査機にちなんだ「GIOTTO(ジオット)」がバンド名だ。

明珍君は温和で世話好き。いつも幹事をしてくれる。練習スタジオやその後の飲み会もしっかり準備する。社会人になり皆が多忙になってもバンド活動が続いたのは彼のおかげだ。彼が海外に赴任していたときはバンドも休止状態だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]