海中でプラ分解 官民規格策定へ 国際標準 提案めざす

2019/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は海の中で分解されるプラスチックの普及を進める。今夏までに民間企業や業界団体などが参加する協議会を立ち上げ、2020年代前半に国際標準化機構(ISO)に提案する国際規格づくりを進める。海洋プラスチックごみの環境汚染が世界的に問題視される中、海で分解される代替素材の実用化を官民で加速させる。

規格づくりに乗り出す生分解性プラスチックは素材として使うときには従来のプラスチック製品に近い機能や性能…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]