/

この記事は会員限定です

租税回避、66億円申告漏れ

国税指摘、宝飾品会社株の売却巡り

[有料会員限定]

宝飾リサイクル大手、「ネットジャパン」(東京・台東)の株式売却を巡り、創業者の吉沢敏行会長とタックスヘイブン(租税回避地)の会社が東京国税局から所得税と法人税計約66億円の申告漏れを指摘されていたことが12日、分かった。過少申告加算税を含めた追徴税額は計約25億円とみられる。

関係者によると、吉沢会長は2012年に自身が保有するネットジャパン株をタックスヘイブンとして知られる英領バージン諸島の会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン