LIXIL混迷、焦点は企業統治
前期、最終赤字521億円 経営のかじ取り 誰の手に

2019/5/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

LIXILグループは13日、2019年3月期決算を発表した。トップ人事を巡り混乱が続く同グループ。事の発端は18年10月下旬の指名委員会にさかのぼる。

背景に瀬戸氏と潮田氏の対立

瀬戸欣哉氏の社長兼最高経営責任者(CEO)の退任を決め、LIXILの母体企業の一つであるトステムの創業家の潮田洋一郎氏に会長とCEOを兼務させ、山梨広一社外取締役を社長に昇格させる人事を決定した。当時、潮田氏と山梨氏は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]