2019年6月20日(木)

名鉄、純利益が最高 前期6%増、鉄道の輸送人員増

2019/5/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

名古屋鉄道が10日発表した2019年3月期の連結決算は純利益が前の期比6%増の304億円だった。2期連続で最高益を更新した。鉄道の輸送人員の増加で交通事業が伸びたほか、ヘリコプターや測量などの航空関連サービス事業が好調だった。

売上高にあたる営業収益は3%増の6225億円だった。輸送人員は3億9323万人と2%増えた。ビジネス需要や観光需要を取り込んだ。安藤隆司社長は「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報