/

この記事は会員限定です

ディー・エヌ・エー、自社株買い 発行数の26%

還元に転換 ゲーム不振、曲がり角

[有料会員限定]

ディー・エヌ・エーの経営が転換点を迎えている。10日、発行済み株式数の4分の1に相当する最大500億円の自社株買いを発表した。これまで資金は主力のスマートフォン(スマホ)向けゲームや新規事業の開発にまわしてきたが、大規模な株主還元に投じる方針に転換する。「永久ベンチャー」を掲げる同社だが、曲がり角にあるといえそうだ。

買い付けるのは自己株式を除く発行済み株式数の26%。上限は500億円で、5月1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン