神経マヒにiPS細胞 リプロセル、5年内に治験

2019/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

創薬支援のリプロセルは神経にマヒ症状がでる難病に対して、iPS細胞を使った臨床試験(治験)を始める。同社はiPS細胞用の試薬やiPS細胞由来の細胞を製薬会社に販売してきた実績がある。蓄積した細胞の培養・加工技術を武器に自社で治験を始めることを決めた。5年内に国内で治験を開始し早期の実用化を狙う。

リプロセルは京都大学の中辻憲夫教授や東京大学の中内啓光教授…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]