/

この記事は会員限定です

インフル新薬のゾフルーザ、夏にも指針

耐性ウイルス対策 用法、丁寧な説明必要

[有料会員限定]

インフルエンザの新しい治療薬「ゾフルーザ」で耐性ウイルスが見つかり、日本感染症学会が指針作りに乗り出す。1回の投与で高い効果が見込めると2018年の発売後に話題になったが、このまま使い続けるには課題がありそうだ。状況を詳しく調べ、混乱を招かない対応策が必要だ。

ゾフルーザの効き目を弱める耐性ウイルスは、国立感染症研究所によるインフルエンザ治療薬の薬剤耐性ウイルス調査で見つかった。今期に流行した「A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン