介護でも活用後押し

2019/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

超高齢社会で介護が必要な高齢者が増えるなか、政府は産業用ロボットで培った技術を医療・介護分野に応用して質を高めようとしている。2019年度予算では「介護ロボット開発等加速化事業」に6億2千万円を計上するなどして後押ししている。

すでに保険適用となっているのは装着型ロボットスーツ「HAL医療用」。

筑波大発ベンチャー企業「サイバーダイン」(茨城県つくば市)が開発し、人が体を動かそうとしたときに脳か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]