/

この記事は会員限定です

受託サービスや人材育成盛んに

[有料会員限定]

日本企業にIPランドスケープの需要が増すにつれ、手法を会得していない企業向けの受託サービスや人材育成の動きも盛んになっている。

伊藤特許事務所(東京・中央)は17年末、新会社、知財ランドスケープを設立し、企業に知財ビジネス分析を売り込む事業を始めた。事務所としての実績も含め過去30件程度を納めた。顧客企業に手法を教えるサービスもある。代表取締役の伊藤温弁理士は「特許事務所は受け身だったが、新会社で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン