/

この記事は会員限定です

貸付先情報開示へ ネット融資仲介、淘汰進む契機に

投資家、リスク判断しやすく

[有料会員限定]

インターネット経由で融資を仲介するソーシャルレンディング各社が貸付先の情報開示に乗り出す。借り手の社名や所在地などを公表することで、個人が投資にあたってリスクを見極めやすくする。これまで年10%を超える投資先も多かったが、今後はリスクに見合う成長性のない案件は減る可能性もある。対応が遅れる業者は淘汰されるとの見方も多い。開示が進めば、投資家の目利き力がより問われそうだ。

ソーシャルレンディングはネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン