/

この記事は会員限定です

緊急避妊薬 ネット解禁

性暴力被害 対面診療なしで処方

[有料会員限定]

厚生労働省は、性暴力被害にあったときなどに使う緊急避妊薬を、医師と対面せずにオンライン診療で入手できるようにする。オンライン診療は始める前に一度対面で受診するのが原則だが、避妊薬の処方は例外にする。月内にもオンライン診療の指針を改定する。

避妊薬は性交から72時間以内に飲む必要がある。しかし、性暴力を受けた直後のショックなどから来院をためらう人もいる。対面診療をせず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン