/

この記事は会員限定です

文在寅政権の2年(1)消える「未来志向」

[有料会員限定]

韓国南西部の光州市。名門で名高い光州第一高校で今春、OBも巻きこんだ騒動が起きた。校歌の作者で20世紀の韓国を代表する作曲者の一人、李興烈(イ・フンリョル)が「親日派」だったと批判され、校歌を作り直すことになったのだ。「慣れ親しんだ校歌が消えるなんて」。あるOBは怒りを抑えきれない。

□   □

韓国社会で日本とのつながりが深い人や文化を排除する動きが加速している。これは革新系大統領の文在寅(ムン・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン