2019年8月23日(金)

下町の職人一丸
アーチェリー、日本人志向追求 弓具復活へ熱い思い

2019/5/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発し、冬季五輪での採用を目指した「下町ボブスレー」さながらの計画が、同じ東京の下町、江戸川区で進行している。舞台は70メートル先の的へ向かって矢を放つアーチェリー競技。今では皆無となった国産の弓具復活へ、中小企業5社が立ち上がった。

町工場から世界に打って出ようと動き出したプロジェクトは、西川精機製作所の西川喜久社長の趣味から始まった。11年に区の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。