/

この記事は会員限定です

100万種が絶滅危機

国連の科学者組織 急速に生態系喪失

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】国連の科学者組織は6日、世界で100万種の動植物が絶滅の危機に直面し、人の活動がかつてない速度で世界の生態系を脅かしているという報告書を公表した。生物多様性が失われると、人の暮らしを支える生態系の様々な機能が失われると警告した。

報告書をまとめたのは「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES、ドイツ)。同組織は報告書で、過去1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン