(5)世界とともに生きる 国際部長 発田真人

2019/5/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

次世代通信規格「5G」をめぐり、米国が各国に製品排除を求めている中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は日本企業にとって実はいい得意先でもある。

ファーウェイが2018年に日本のメーカーから調達した部品の総額は60億ドル(約6700億円)にのぼる。取引先にはソニー、住友電気工業、TDK、東芝メモリ、ジャパンディスプレイなど有力企業がずらりと並ぶ。

驚いたのはその先だ。長いものでは数年先まで…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]