/

この記事は会員限定です

GAFA、陰る成長 1~3月の増収率鈍化

中核事業、互いに侵食も

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀】グーグルやアップルなど「GAFA」と呼ばれる米IT(情報技術)大手4社の2019年1~3月期決算が出そろった。広告やスマートフォン(スマホ)などそれぞれの中核事業で稼ぐ力が弱まり、4社ともに売上高の伸び率が鈍化している。各社は互いの得意分野に踏み込まざるを得なくなっている。

4月30日、グーグルの親会社であるアルファベット株は前日比で7.5%下落した。その前日に発表した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン