/

この記事は会員限定です

大学生下宿、広がる選択肢

家族でない高齢者と「同居」 支え合う生活に学びも

[有料会員限定]

大学生の「下宿」が多様化し始めた。新生活を始める若者に、行政やNPO団体が高齢者との同居や公営住宅の提供など、新たな住まいの形を提案。割安な家賃で生活費を抑えられ、通常の一人暮らしにない新鮮な体験ができる。

東京都文京区の閑静な住宅街にある一軒家。東大法学部4年の柳沢直孝さん(22)は3カ月前まで見知らぬ間柄だった小野寺加代子さん(80)方の2階に住んでいる。

「柳沢君、ご飯作ったけど食べる? ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン