年功序列で勝てるか

2019/5/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

デジタル化が進む中、世界中の企業が求める人工知能(AI)開発の先端人材は日本の上場企業の社長をも上回る報酬を手にし、企業を渡り歩く。年功序列型の給与制度は令和時代にはそぐわない。

中国・騰訊控股(テンセント)傘下の研究機関がまとめた「AI人材白書」によると、世界の企業が必要とするAI人材は足元で70万人が不足している。経済産業省は2030年に日本だけでAIなどのIT(情報技術)知識を持つ人材が約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]