関連遺伝子 解明進む

2019/5/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

精神疾患の原因をたどっていけば、最後は遺伝子の問題に行き着くのではないか。こう考えて患者の症状を遺伝子解析結果と結びつける研究が国際的に活発だ。診断・治療の現場や新薬開発に応用できそうな成果も出始めている。

比較的進んでいるのは統合失調症やそううつ病だ。日本医療研究開発機構(AMED)のプロジェクトなどで、約30の遺伝子領域がそううつ病の発症と関係していることがわかった。脂肪代謝にかかわる領域が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]