/

この記事は会員限定です

丸の内で小説を勧める 阿刀田高

[有料会員限定]

八年ほど前から東京・丸の内のビジネス街で文学講座の講師を務めている。カルチャー・センターなどの読書教室のようなもの。だが実質は少しちがう。ちがうような気がする。

もっぱら小説を扱っているが、読書会などで小説をテーマとすると、"この名作の真価は何か"とか、"作品を通じて人生の教訓をえよう"とか、立派な目的が伏在しているケースがほとんどではあるまいか。

丸の内では聴講者に界隈(かいわい)のホワイト・カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン