/

この記事は会員限定です

フェイスブック新戦略、対話アプリ「少人数」に力

CEO、事業モデルの転換強調

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀】米フェイスブックは30日、個人情報保護に配慮した新たな事業戦略を発表した。友人や家族など、私的な少人数がつながる対話アプリや写真共有アプリを介した物販などを通じ、収益を増やしていく考え。不特定多数の個人から集めたデータを駆使するオンライン広告の拡大には触れず、実質的な事業モデルの転換が始まっている。

サンノゼ市で開かれた開発者向けイベント「F8」にマーク・ザッカーバー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン