/

この記事は会員限定です

「令和」幕開け、海外も関心

英国「世界最古の世襲君主」/米国、上皇さま幼少期紹介/中国、両陛下の歩みを詳報

[有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実、ニューヨーク=伴百江】天皇陛下が1日即位され、日本の新しい時代が始まった。王室がある英国をはじめ海外でも日本の代替わりへの関心は高く、主要なメディアは「令和」の言葉の持つ意味合いや皇室の歴史などを詳しく報じた。天皇陛下がかつて留学された英国では留学時代のエピソードが報じられたほか、上皇さまの「退位礼正殿の儀」が生中継された。

「オックスフォードの学生が日本の天皇に」。英地元メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン