/

この記事は会員限定です

環境・社会・統治への投資 グリーン性重視の潮流加速

藤井良広・上智大学客員教授

[有料会員限定]

企業への投資や金融でも「環境・社会・ガバナンス(ESG)」に配慮しているか、事業内容もサステナブル(持続可能)であるかが厳しく問われる時代になっている。しかしESGやサステナブルといった財務要因以外の企業価値を金融面で把握するのは難しい。そのため、いま国際標準化機構(ISO)や欧州連合(EU)で基準づくりの作業が進んでいる。

ESG投資を国際的に集計する民間団体GSIAによると、2018年時点の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン