/

この記事は会員限定です

令和を歩む(3)脚本家 北川悦吏子氏

「ひとり」発が咲く時代へ

[有料会員限定]

2018年に放映されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」では、ヒロインがままならない人生を創意工夫で生き抜いていく姿を描いた。脚本を書くにあたって、昭和から平成にかけての時代考証が力になった。

「自分」で動かす

「人生のイニシアチブは自分でとる」という登場人物のセリフは新たな時代に日本人が保つべき精神を表現したつもりだ。大勢の人が集まって何かをなし遂げることが美徳だったのはもはや過去のことではないか。「自分発」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン