/

この記事は会員限定です

(201)平成から令和へ 自国主義に揺れる世界

[有料会員限定]

4月1日に新元号「令和」が発表になって以降、まるでもう令和になってしまったかのような感もありますが、実際は今週に改元となります。新元号が発表になったとき、東京工業大学の大岡山キャンパスは桜が満開でした。そしていまは新緑の季節です。

思い起こせば、昭和の終わり、私は皇居の中の宮内庁から昭和天皇の崩御をテレビ中継で伝えました。

昭和が戦争によって前と後に分断されていたこともあり、私にはどこか重苦しいイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン