2019年6月20日(木)

経産省、次世代原子炉の開発支援 6.5億円、海外勢に対抗

2019/4/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

経済産業省は2030年代以降の実用化を目指す次世代原子炉や関連技術の開発に乗り出す。放射性廃棄物の量を減らす新型の高速炉や小型炉の可能性を探る目的で計6.5億円を支援する。ただ、原子力発電所の輸出戦略が行き詰まるなど事業環境は悪い。次世代炉を商用ベースに乗せられるかは課題も多い。

経産省が次世代炉の開発に本格的な補助をするのは初めてとなる。次世代炉の研究は、日本では東京電力福島第1原子力発電所の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報