NISA5年 投信、指数型シフト
長期志向じわり 投資額、みずほ株1位

2019/4/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

個人投資家に「貯蓄から投資」を促す少額投資非課税制度(NISA)のスタートから5年が過ぎ、累計の買い付け額は15兆円を超えた。大手インターネット証券のNISA口座での売買を調べたところ、投資信託は毎月分配型から運用コストが低い指数連動型へと人気がシフトし、長期投資の姿勢が徐々に浸透していることが分かった。買い付け額が最も大きいのは、みずほフィナンシャルグループ株だった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]