/

この記事は会員限定です

M&A 割高感強まる

価格水準「危機前」超える 将来の減損懸念も

[有料会員限定]

M&A(合併・買収)が世界的に過熱してきた。2018年度のハイテク企業を対象にした案件は、買収価格の割高さがリーマン・ショック直前の07年度水準を上回った。世界的なカネ余りで企業の奪い合いが激化し、買収価格が押し上げられているためだ。統合効果をテコに買収先の利益を伸ばせれば問題はないものの、景気・業績の悪化局面では損失が出る恐れもある。

「我々は払いすぎた」。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン