/

この記事は会員限定です

迫る5G 産業が変わる(2)建機操作、自宅でも自在

映像遅れ減り安全性向上

[有料会員限定]

「ラジコン建機」。かつてそう呼ばれた遠隔操作の建設機械が、次世代の高速通信規格「5G」の力でより身近な存在になりつつある。災害復旧の現場などで利用されてきたが、精度の向上で作業の安全性がさらに高まると期待されている。一般的な現場作業をオフィスから遠隔操作する、新たな「ワークシェア」の概念が生まれる可能性もある。

コマツがこのほど千葉市美浜区で手がけた実証実験。デモ施設内で、黄色いブルドーザーが地面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン