京成、1500億円投資 3年で、成田発着の輸送力強化 不動産事業を育成

2019/4/27付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

京成電鉄は26日、2019年度(20年3月期)から3カ年の中期経営計画を発表し、総額1500億円を投資する計画を示した。投資額は前回の中期計画(16年度~18年度)の約1.2倍。利用客が増加している成田空港発着の輸送力を強化するとともに、不動産事業を育てるため収益物件の確保にも投資する方針だ。

26日発表した19年3月期の連結決算で、純利益は過去最高となる386億円となった。支えるのは主力の運輸…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]