/

この記事は会員限定です

共生途上国ニッポン(3) 訪日客が招く「観光公害」

市民生活との両立 課題に

[有料会員限定]

4月の週末、蔵造りの街並みは外国人観光客らでごった返していた。小江戸と呼ばれる埼玉県川越市は、都心から電車で30分という近さから人気が急上昇している。観光客であふれる狭い歩道にはガードレールはない。

自動車と歩行者が接触しかねない状況で、自動車が徐行しながら走る。ベルギーから訪れたユニー・ヴァン・ニーヴンボルフさん(34)は「すてきな建物の写真を撮る時に車が重なるのが残念」ともらす。

川越市の20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン