海運大手2社 大幅赤字 前期最終、不採算用船で損失

2019/4/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

海運大手3社が26日発表した2019年3月期連結決算は、3社のうち2社が大幅な最終赤字となった。日本郵船は同日、不採算なコンテナ船の損失引当金の計上などを発表。最終損益は従来予想を435億円下回る445億円の赤字となった。川崎汽船も不採算用船の解約金などを計上し、1111億円の最終赤字となった。

商船三井の最終損益は268億円と黒字…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]