/

この記事は会員限定です

共生途上国ニッポン(4)医療通訳「手弁当」頼み

患者支える法制度整わず

[有料会員限定]

「安心して下さい。手術は順調に終わりました」。黛亮さんが医師の言葉を中国語に訳して伝えると、隣に座った老夫婦は顔をほころばせた。

黛さんは2015年に医療通訳ボランティアを束ねるNPO法人、MICかながわ(横浜市)に加わった。会社員時代に赴任した北京や上海で磨いた語学力を役立てたいとの思いからだ。

MICかながわは17年度に延べ7185人の医療通訳を派遣した。派遣人数は02年度の立ち上げ時の20倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン