/

この記事は会員限定です

健康食品「機能性表示」の盲点

「薬機法抵触も」厚労省が指摘 届け出巡る認識にズレ

[有料会員限定]

サプリメントなどで増えている「機能性表示食品」を巡り、企業が困惑する事態が起きている。制度に基づき「歩行能力の改善」という表示を届け出て販売していた商品の広告に対し、厚生労働省が医薬品医療機器法(薬機法)に抵触する恐れを指摘し、関連商品を扱っていた各社は販売停止などの対応を迫られた。健康食品を巡る規制は複雑で、トラブルも多い。業界の抱える構図も浮き彫りになっている。

機能性表示食品はサプリ、飲料、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン