/

この記事は会員限定です

黒ビールの泡 でき方解明

阪大・キリン、飲料開発に応用

[有料会員限定]

大阪大学の渡村友昭助教らとキリンホールディングスは共同で、ギネスビールをコップに注いだときに細かい泡ができる過程を解明した。黒ビールで不透明なため泡の発生の仕方が分からなかったが、模擬のビールを作ってレーザーなどで観察した。大きさのそろった泡の発生や新たな飲料開発に役立つという。

ギネスビールの泡は窒素ガスを含んでいる。通常のビールや清涼飲料の炭酸ガスだけでできる泡の大きさの10分の1と細かい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン