2019年6月27日(木)

電子版 Selection安値の白金、水素社会で輝き

2019/4/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

貴金属市場で値下がりが長く続いたプラチナ(白金)。主用途であるディーゼル車の排ガス触媒向けの需要が減るとの観測に相場は下押しされてきたが、ここにきて下げ止まり感が出てきた。中長期的な市況浮沈のカギを握るのは水素ビジネスだ。燃料電池車(FCV)などが普及すれば、貴金属市場で白金が再び輝きを取り戻す可能性は十分にある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報