フェイスブック 迫られる変身 制裁金3000億円超、4年ぶり減益 「プライバシー重視」模索

2019/4/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米フェイスブックが成長の踊り場にさしかかっている。4年ぶりの最終減益となった2019年1~3月期の決算では、米連邦取引委員会(FTC)による3000億円超もの制裁金を費用に織り込んだ。データ管理につまずいた同社が模索するのは「プライバシー重視」のサービス。それは単なる掛け声なのか、次につながる戦略なのか。

「プライバシーに特化したプラットフォーム。次の5年はサービスを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]