2019年6月17日(月)

変わる課徴金 不正逃さぬ
薬機法 誇大広告対策、厳格に/独禁法 協力重視、柔軟に減額

2019/4/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

違反行為をした企業に対し、課徴金を課したり調査への協力を促したりする動きが広がっている。医薬品医療機器法(薬機法)は誇大広告で医薬品を販売した企業に多額の課徴金を課せるようにするほか、独占禁止法は課徴金の減免を柔軟に運用できるようにする。スピードを重視した行政によるペナルティーで、効果的に違反行為を抑える狙いだが、事案によっては高額納付を命じられる可能性があり、企業からは警戒する声が出ている。

(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報