2019年7月16日(火)

第一三共が19%増益 今期営業 アステラス減益 「特許の崖」で明暗

2019/4/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

製薬大手の第一三共とアステラス製薬が25日それぞれ発表した2020年3月期の連結営業利益の見通し(国際会計基準)は、「特許の崖(パテントクリフ)」で明暗が分かれた。英製薬大手との提携で崖をしのいだ第一三共は前期比19%増の1000億円。今期中に主力薬の特許が切れるアステラス製薬は6%減の2290億円を見込む。

第一三共の売上高は1%増の9400億円の見通しだ。3月に英アストラゼネカとがん新薬の開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。